ラクトフェリンは赤ちゃんにとって必要不可欠な成分

抗菌作用が腸に効く

サプリメント

赤ちゃんを守る免疫力

ラクトフェリンは母乳や唾液、涙などの分泌液に含まれる糖たんぱく質です。牛乳やチーズ、ヨーグルトに含まれていますが、乳製品の製造過程で殺菌されることにより本来の活性を失います。熱にも酸にも弱いためサプリメントで摂取するときは腸まで届く設計の物を選びましょう。赤ちゃんが飲む母乳に含まれいるぐらいなので副作用の心配がない安全性の高い食品です。ただし大量に摂取すると腸の働きが活発になり過ぎてお腹を壊すので注意しましょう。より高い効果を発揮させるために就寝前に飲むことがお勧めです。ラクトフェリンが就寝中に腸内で働くことが効果的だからです。様々な働きをすることが知られていますが、その中で特に注目されているのが抗菌作用、腸内環境改善、ダイエット効果です。

腸内をきれいにする

ラクトフェリンは鉄と結合する作用があり、成長するのに鉄を必要とするウィルスから、その鉄を奪うことで抗菌の機能を発揮するのです。ラクトフェリンが胃の中でペプシンによって分解されてラクトフェリシンという抗菌ペプチドに変容すると、胃や腸で悪玉菌に対して抗菌作用を発揮します。こういった強い抗菌作用はピロリ菌やC型肝炎ウィルス、アトピーに対しても発揮されるのです。腸内の悪玉菌を抑制することで善玉菌が増殖するようになり、腸内環境が改善されていきます。腸が整うことで便秘が解消され、老廃物の除去もスムーズになります。これにより腸が栄養物を吸収する効率も高くなり、美容に欠かせない酵素やホルモンの成分の生産性も上がります。余分なものも貯めこまず少ない食事から効率よく栄養を吸収できるので、食欲をうまくコントロールできるようになり、結果としてダイエットにつながるわけです。